ニュースリリース

ニュース詳細

2019年度非化石証書トラッキング実証実験への参加とグループ企業での再生可能エネルギー100%電力切替にについて

モリショウグループの小売電気事業者である「日田グリーン電力株式会社」(以下、HGP、本社:大分県日田市、代表取締役:森山 和浩)及び発電事業者である「株式会社グリーン発電大分」(以下、GHO、本社:大分県日田市、代表取締役:森山 和浩)は、経済産業省が実施する本年度の「非化石証書トラッキング実証実験※1(以下、本実証)」に参加いたします。

 本実証への参加により、GHOのFIT電源に由来する環境価値を証書化した非化石証書に電源種や発電所所在地等の属性情報が付与されることとなります(以下、トラッキング付非化石証書)。HGPは、GHO由来のトラッキング付非化石証書を取得し電力と組み合わせることで、環境価値の高い電力メニューを創設し、RE100※2に加盟する企業など環境意識の高い需要家への電力供給に活用します。需要家は、供給を受けた電気の再生可能エネルギー由来及びRE100への取組み等を訴求できるようになります。

 まずは、本年9月1日より、グループ企業である「㈱モリショウ」及び「日本フォレスト㈱」に供給する電力にトラッキング付非化石証書を組み合わせ、グループ内で消費する電力を再生可能エネルギー100%とします。

 モリショウグループでは、これらの取り組みを通じて、再生可能エネルギーの利用拡大及び低炭素社会の実現に向けて積極的に貢献して参る所存です。

ニュース一覧はこちら